食材そのものよりも与え方に注意して

噂話のレンタカー > 離乳食 > 食材そのものよりも与え方に注意して

食材そのものよりも与え方に注意して

離乳食中の赤ちゃんはアレルギーを発症しやすいといわれています。

 

その理由は、内臓器官がまだまだ未発達であるため、食べて吸収した物を、赤ちゃんの体や脳が異質で必要ではないと判断してしまうことが多く、結果的にアレルギーを起こす事が多いのです。

 

一般的に離乳食を5ヶ月未満からスタートすると、アレルギー反応を起こし易いといわれています。

 

これは、お母さんの胎内に居る時に、生まれてしばらくするまでの栄養をしっかり蓄積しており、それが5ヶ月頃までは体内にあるので、離乳食との不具合が生じ易いと考えられているからです。

 

赤ちゃんによっては、胎内で蓄えた栄養がなくなる時期が異なりますので、大人が食べているものに興味を示し始めた5ヶ月以降を、離乳食開始の大体の目安にし、アレルギーが出るかもしれないと、赤ちゃんの様子と反して開始を遅らす必要はありません。

 

アレルギーを起こしやすい食材は、卵、牛乳、魚、小麦粉、そば等が代表ですが、離乳食を開始するのが早すぎてアレルギーになるというよりも、これらの物質を一度に与えたり、消化が出来ないうちに与えることでアレルギーを発症する赤ちゃんも多いのです。

 

離乳食はなるべく手作りで、大人と同じような味付けはせず薄味か無味で、食品添加物の入っていない物を与えることでアレルギーの発症を防ぐ事が出来ます。

 

離乳食を与えている間は色々と悩みはつきないかもしれませんが、ご両親が楽しそうにしていると赤ちゃんも喜んで食べる様になりますし、赤ちゃんが成長し、いつのまにか離乳食期間は終わってしまうものです。離乳食の食材の安全性は?