総量規制の対象となる消費者金融のキャッシング

噂話のレンタカー > > 総量規制の対象となる消費者金融のキャッシング

総量規制の対象となる消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングは、収入があればほぼ誰でも借入ができるのが魅力です。正社員でなく、パートやアルバイトの人でもOKですし、個人名義の家でなくて賃貸物件に住んでいても、特に問題はありません。金利は銀行に比べてやや高めですが、それでも現在は、上限金利が20パーセントまでに抑えられており、万人向けのキャッシングといえます。しかし、消費者金融のキャッシングには、1つだけハンディがあります。それは総量規制です。元々これは、借りすぎや多重債務を防ぐために、2010年に施行された現在の改正貸金業法に初めて盛り込まれたもので、この総量規制があると、年収の3分の1に相当する金額以上のお金を借り入れることができません。たとえば消費者金融でキャッシングを申し込む際、他の消費者金融からも借入があって、借入総額が年収の3分の1以上になった場合は、新規のキャッシングは行えないことになります。最近人気のある即日融資のキャッシングなども、消費者金融が中心になっているため、当然総量規制の対象となります。借入の際には気を付けるようにしましょう。しかしこのような場合でも、新規にキャッシングをしたいという時はあるものです。そんな時は、総量規制対象外の業者もありますので、そういうのを利用するといいでしょう。また借入額は少なくなりますが、大手ではなく、中小の消費者金融で融資をしてくれることもありますし、正社員などの条件が合えば、銀行で申し込むことも可能です。情報の詳細はキャッシング 返済方法こちらのサイトです。



関連記事

  1. ダンプ買取の価格はいくら?
  2. 総量規制の対象となる消費者金融のキャッシング
  3. 伝統にんにく卵黄 疲労
  4. 忘年会ダンスの曲とは
  5. 入社式サプライズを考えたい
  6. 黒フサ習慣 評判
  7. フルリクリアゲルクレンズ
  8. ノビルン ノビルンジャー
  9. マナラ ホットクレンジングゲル 最安値
  10. 絶対負けるような条令作って
  11. フラッシュモブが出来る場所
  12. フェニックスゲーミングのボーナス
  13. 電気自動車はこの先どうなるの?
  14. 歯磨き習慣をするように頑張ってみたら
  15. オンライン機能を駆使した費用無しの査定では信じることができない
  16. クラチャイダムゴールドの定期コース解約方法とは
  17. 不思議なもので
  18. 交際クラブに入会をしたら、モデル美人と愛人契約が出来ます
  19. ゲームの活動について
  20. 基本色などについて